postheadericon 歯ってすごく大事!

歯並びが良い

皆さんが歯科を訪れるときってどんな時ですか?すぐに思いつくのは虫歯の治療ですよね。
もちろん虫歯の治療をしてくれるのが歯科の役割ですし、虫歯やその他の不具合がなければ足が向かないのもわかります。
しかし、今や審美歯科というジャンルもあるくらいですから虫歯だけで通っているのはもったいないんです!せっかく通っているのだから定期的にホワイトニングをしてみたり、口腔内の状態を相談するのも良いのではないでしょうか?ホワイトニングというと芸能人を連想してしまいますが、そんな大げさなものではなくても日々の蓄積したステインやタバコのヤニを除去するだけでもとてもスッキリしますし、何より印象がかなり変わって見えますよ!他人からの印象をガラッと変えてしまうほど、歯の状態って大切なんです。

実際にホワイトニングをして社交的になったという人もいますし、自分にとっても歯ってとても重要だったんだと気づく良いきっかけになるのではないでしょうか?さらにホワイトニングで定期的に歯科に通うことで、いち早く口腔内の状態に気づけるのも大きなメリット!口腔内の状況が悪いままほったらかしにしておくと、歯肉炎や内臓疾患に繋がることはもう有名な話しです。
そんな状態になる前に、虫歯がなくても定期的に歯科に通って予防したり相談してみることをオススメします。
いくつになっても口腔内が良い状態、そして真っ白い歯で思いっきり笑える!そんな毎日だとおしゃべりすることも、食べることもいつも以上に楽しめますよ!

postheadericon 予防に審美

子供の歯

次は、予防歯科です。
まだ小さいうちから定期的に口内チェックに通う人もおりますし、虫歯の治療が終わった後に、定期的に通い始める場合もあるでしょう。
万が一虫歯や歯槽膿漏といった問題が起きてきても、早期に発見される可能性があがるので、定期受診は有効な方法だと思われます。
最後に審美歯科です。
これはホワイトニングなど、見た目を良くしようという分野です。
特にホワイトニングは、「芸能人は歯が命」という文句があった通り、白い歯は素敵というイメージは昔からありますが、最近、より一般的になってきました。
口内の他のチェックも兼ねれる事と、即効性が期待できる点から、歯科医院でのホワイトニングは有効な手段だと思われます。
理由は色々でしょうが、かかりつけの歯科医院を見つけ、いつまでも健康な歯ですごしたいですね。

postheadericon 歯科にかかる理由

前歯

皆さんには、かかりつけの歯医者さんがありますか?2,30年前は、歯医者さんといえば、虫歯になった時に通うもの、といった位置づけが大部分でしたが、ここ最近は、従来の治療に加えて、予防歯科やホワイトニングに代表とされる審美歯科という分野も、一般的になってきました。
では、歯医者さんに通う理由を詳しく見てみましょう。
まずは昔から一般的な、虫歯の治療です。
きっかけとしては、学校や企業などで行われる、歯科検診で受診を促されるケースがあります。
この場合は、まだ、虫歯もそうひどくない場合もあるでしょう。
あとは痛みを感じるといった自覚症状に耐え切れなくなり、重い腰を上げて通う場合もあるでしょう。
いずれにせよ、皆さんも十分ご存知の通り、虫歯は初期虫歯を除けば自然治癒しませんので、なるべく早く受診することが重要です。

postheadericon 着色汚れ

虫歯予防

ホワイトニングは、歯のクリーニングでは落としきれない歯の着色汚れを、歯を削ることなく白くするという治療方法です。
歯を削らないため安全性が高く、歯を白くする治療の主流になっています。
ホワイトニングは、医院で行うオフィスホワイトニングと歯医者の指導に従って自宅で自分で行うホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングは、薬剤を塗った歯にレーザーなどを当てて白くする方法で、即効性があることがメリットです。
ホームホワイトニングは、歯形を型取りして作られたマウスピースに専用のジェルを流し込んで歯を白くするという方法で、2週間程度かかってしまいますが、その分持続時間が長いというメリットがあります。